ホントのコイズミさん
ホントのコイズミさん
Cover art by KIGI

本を開けば、新しい世界への扉が開く。小泉今日子さんの傍らにはいつでも本がありました。
自ら「本」と「本に関わる人たち」に会いに行き、語らい、紡いでいく……。自分という旅路を歩む者たちの止まり木的存在が、ポッドキャスト番組「ホントのコイズミさん」です。

#95 は2023年2月6日(月)夜 配信開始

#95

本好きから本屋の店主へ!
夢眠ねむさんを迎えての前編!


今回のゲスト
夢眠ねむ(ゆめみ・ねむ)さん 書店店主、キャラクタープロデューサー。三重県伊賀市で育つ。2009年にアイドルユニット「でんぱ組.inc」に加入、メンバーカラーはミントグリーン。グループ活動のかたわら、映像制作やコラム執筆など多方面で活躍。19年にグループを卒業し、芸能界を引退。現在は、下北沢の書店「夢眠書店」の経営、「たぬきゅんフレンズ」のキャラクタープロデュースなどを行う。主な著書に『まろやかな狂気』『夢眠軒の料理』『本の本 夢眠書店、はじめます』などがある。

今回のゲストは夢眠書店の店主である夢眠ねむさんです。はじめましてのおふたりですが、夢眠さんにとってコイズミさんは「好きな人の先に必ずいる」人だったそう。

もともと美術家を目指していた夢眠さん。アイドル活動のかたわら文化的な方面も好きで、悩みつつも少しずつ本当の自分を出していったそう。「その道の先駆者はコイズミさんなのでは?」という夢眠さんの問いかけに、コイズミさんも自分の経験を語ります。

本好きで知られていた夢眠さんはアイドル時代「本屋を開店するとしたら」というテーマで本について学ぶ連載を開始。それがきっかけとなり、現在の『夢眠書店』の実現に至っています。夢眠書店は予約制。それはお母さんになった本好きの人が何も気にせずゆっくり過ごせる「謝らなくていい本屋」を作りたかったからだそう。下北沢の「まちの本屋さん」として、今日も子どもたちの成長を温かいまなざしで見守っています。

連載をまとめた書籍『本の本 夢眠書店、はじめます』

番組では、上田ケンジさんとコイズミさんの音楽ユニット「黒猫同盟」による、「ホントのコイズミさん」のために書き下ろされた音楽もお楽しみいただけます。
〈OA楽曲〉チーズの船/黒猫同盟
〈END TM〉Un chat noir/黒猫同盟

【今回のお話に登場した作品】
『ハイスクール!奇面組』全20巻 作/新沢基栄(集英社)
『スーパーマリオブラザーズ』(任天堂)
『MOTHER』(任天堂)
『ファイナルファンタジー』(SQUARE ENIX)
『ドラゴンクエスト』(SQUARE ENIX)
『本の本 夢眠書店、はじめます』著/夢眠ねむ(新潮社)
『クラウド・コレクター 雲をつかむような話』著/クラフト・エヴィング商會(筑摩書房)
「asatte FORCE」2020年10月1日〜10月18日
『小雨日記』著/小泉今日子(角川マガジンズ)


『ホントのコイズミさん』ではリスナーの皆さまからの、お便りを受け付けております。番組や本のご感想、すてきな本屋さんの情報、コイズミさんと対談して欲しい方、今後の書籍化に期待することなど、なんでもOKです。スタッフ一同、目を通しています。お気軽にメッセージを送ってください。

Twitterへの投稿もお待ちしています!

『ホントのコイズミさん』
待望の書籍化!
シリーズ第1弾
「YOUTH」12月5日発売

パーソナリティー | 小泉今日子
1982年「私の16才」で歌手デビュー。以後、「なんてったってアイドル」「学園天国」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々のヒットを放つ。女優として映画、舞台などの出演も多数。エッセイなど執筆家としても活躍中。2015年より自らが代表を務める株式会社明後日ではプロデューサーとして舞台制作を手掛ける。映像制作プロダクション新世界合同会社のメンバーでもあり、2020年8月28日公開の外山文治監督「ソワレ」にアソシエイトプロデューサーを務めた。
株式会社明後日 – asatte Inc.

Spotify

Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオ ストリーミングサービス。
7,000万曲以上の音楽や220万番組以上のポッドキャストを無料でも聴くことができる。