ホントのコイズミさん
ホントのコイズミさん
Cover art by KIGI

本を開けば、新しい世界への扉が開く。小泉今日子さんの傍らにはいつでも本がありました。
自ら「本」と「本に関わる人たち」に会いに行き、語らい、紡いでいく……。自分という旅路を歩む者たちの止まり木的存在が、ポッドキャスト番組「ホントのコイズミさん」です。

#78 は2022年10月3日(月)夜 配信開始

#76

久しぶりにリスナーメッセージを紹介!


60回放送からおよそ4か月。今回もコイズミさんのひとり語りでお届けします。コイズミさんおひとり回といえば、リスナーの方々から寄せられたメッセージのご紹介!

みなさまからの感想や質問にお返事しつつ、リクエストに応えてお呼びしたゲストや訪れた本屋さんなどをふりかえります。そしてコイズミさんは現在、舞台『阿修羅のごとく』の公演真っ最中! 演出を手掛けられた木野花さんについてや舞台稽古の様子といったウラ話も。

今年はデビュー40周年のアニバーサリーイヤーということもあり、ますます精力的に新しい扉をひらいていくコイズミさんの次なる挑戦にも乞うご期待! みなさまからのリクエストやご感想など、メッセージを引き続きお待ちしております。

番組では、上田ケンジさんとコイズミさんの音楽ユニット「黒猫同盟」による、「ホントのコイズミさん」のために書き下ろされた音楽もお楽しみいただけます。そしてなんと!今回は新曲が初お披露目となります。
〈OA楽曲〉チーズの船/黒猫同盟  NEW!! 
〈END TM〉Un chat noir/黒猫同盟

【今回のお話に登場した作品】
『ただ、一緒に生きている』著/坂本美雨(光文社)
『週刊ブックレビュー』NHK BS2 毎週土曜日 18時30分〜19時24分 1991年〜2012年
『私と街たち(ほぼ自伝)』著/吉本ばなな(河出書房新社)
『なみのいちにち』作/阿部結(ほるぷ出版)

モチロンプロデュース『阿修羅のごとく』

作:向田邦子 脚色:倉持 裕 演出:木野 花
出演:小泉今日子、小林聡美、安藤玉恵、夏帆/岩井秀人、山崎一

【東京公演】2022年9月9日(金)〜10月2日(日)
シアタートラム
https://setagaya-pt.jp/about/facilities/theatre_tram.html

【兵庫公演】2022年10月8日(土)〜10月10日(月・祝)
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
https://www1.gcenter-hyogo.jp/


『ホントのコイズミさん』ではリスナーの皆さまからの、お便りを受け付けております。ご感想やすてきな本屋さんの情報、コイズミさんと対談して欲しい方、なんでもOKです。スタッフ一同が目を通しています。お気軽にメッセージを送ってください。

Twitterへの投稿もお待ちしています!

パーソナリティー | 小泉今日子
1982年「私の16才」で歌手デビュー。以後、「なんてったってアイドル」「学園天国」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々のヒットを放つ。女優として映画、舞台などの出演も多数。エッセイなど執筆家としても活躍中。2015年より自らが代表を務める株式会社明後日ではプロデューサーとして舞台制作を手掛ける。映像制作プロダクション新世界合同会社のメンバーでもあり、2020年8月28日公開の外山文治監督「ソワレ」にアソシエイトプロデューサーを務めた。
株式会社明後日 – asatte Inc.

Spotify

Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオ ストリーミングサービス。
7,000万曲以上の音楽や220万番組以上のポッドキャストを無料でも聴くことができる。