ホントのコイズミさん
ホントのコイズミさん
Cover art by KIGI

本を開けば、新しい世界への扉が開く。小泉今日子さんの傍らにはいつでも本がありました。
自ら「本」と「本に関わる人たち」に会いに行き、語らい、紡いでいく……。自分という旅路を歩む者たちの止まり木的存在が、ポッドキャスト番組「ホントのコイズミさん」です。

#6 は2021年5月10日(月)配信開始

#3

コイズミさん、クリエイティブの森へゆく


今回のゲスト | 植原亮輔さん、渡邉良重さん(KIGI)
「ホントのコイズミさん」のすてきなカバーアートは「KIGI」のおふたりによるもの。企業やブランド、製品などのアートディレクションやブランディングを担当している。「KIKOF」、「D-BROS」、「CACUMA」などのブランドも手がける。
http://ki-gi.com

カバーアートを手がけてくださったKIGIのおふたりに会いに、都内のオフィスにおじゃましたコイズミさん。おふたりとの出会いや今回のカバーアートについてお話から始まり、KIGIさんがアートディレクションを、小泉さんが朗読を担当した向田邦子没後40年特別イベント「いま、風が吹いている」のお話に続きます。

「なぜKIGIという名前なのか」、「KIGIのおふたりのアイデアの源とはいったい何か?」など、小泉さんが引き出す興味深いお話にご注目ください。

植原亮輔さん、渡邉良重さんがそれぞれ選んだ本のすてきなエピソードをぜひポッドキャストでチェックしてくださいね

[ 話に出てくるブックリスト #3]
『SADNESS BECAUSE THE VIDEO RENTAL STORE WAS CLOSED』MARK KOSTABI
『YOSUKE UEHARA』植原亮輔/KIGI (ggg Books-131)
『YOSHIE WATANABE』渡邉良重/KIGI (ggg Books-132)
『おばあちゃんのはこぶね』M.B. ゴフスタイン(すえもりブックス)

Twitterへの投稿もお待ちしています!

パーソナリティー | 小泉今日子
1982年「私の16才」で歌手デビュー。以後、「なんてったってアイドル」「学園天国」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々のヒットを放つ。女優として映画、舞台などの出演も多数。エッセイなど執筆家としても活躍中。2015年より自らが代表を務める株式会社明後日ではプロデューサーとして舞台制作を手掛ける。映像制作プロダクション新世界合同会社のメンバーでもあり、2020年8月28日公開の外山文治監督「ソワレ」にアソシエイトプロデューサーを務めた。
株式会社明後日 – asatte Inc.

Spotify

Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオ ストリーミングサービス。
7,000万曲以上の音楽や220万番組以上のポッドキャストを無料でも聴くことができる。