ホントのコイズミさん
ホントのコイズミさん
Cover art by KIGI

本を開けば、新しい世界への扉が開く。小泉今日子さんの傍らにはいつでも本がありました。
自ら「本」と「本に関わる人たち」に会いに行き、語らい、紡いでいく……。自分という旅路を歩む者たちの止まり木的存在が、ポッドキャスト番組「ホントのコイズミさん」です。

#18 は2021年8月2日(月)配信開始

#14

芸術や文化は海を超える 吉本ばななさんの世界


今回のゲスト | 吉本ばなな さん
1964年、東京生まれ。87年『キッチン』で第6回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。著作は30か国以上で翻訳出版されている。近著に『吹上奇譚 第三話 ざしきわらし』などがある。noteにて配信中のメルマガ「どくだみちゃんとふしばな」をまとめた文庫本も発売中。

今回もお茶を飲みつつ語らうコイズミさんとばななさん。コロナ禍で今しかできないことはなんだろうと、壮大な漫画のシリーズものを全部読み返したというばななさん。この期間をインプット期間にした方もいらっしゃったのではないでしょうか? コイズミさんと大島弓子さんとのすてきなエピソードもお楽しみください。

吉本ばななさんが下北沢でよく出会うあの方とは……。今や37ヵ国で訳されている吉本ばななさんの小説。小説を書き始めたことから翻訳をされること前提にしてきたと言います。小説が海外に出て行くことで感じたこととは? 国際的に活躍されているおふたりだからこその話をお聞きいただけます。

吉本ばななさんが考えていた未来のこと、今のこと、世界に広がるユニセックスなムーブメントでも盛り上がります。これからのばななさんの作品についても触れていきますよ。

【今回のお話に登場する作品】
『摩利と新吾』木原敏江(白泉社)
『クッキングパパ』うえやまとち(講談社)
『グーグーだってネコである』(角川書店)『キャットニップ』(小学館) 大島弓子
『BANANA DIARY』吉本ばなな(幻冬舎)

番組のご意見・ご感想をフォームからご投稿いただけます。スタッフ一同がしっかり目にしています。メッセージを既に頂いている方へ、励みになっております! ありがとうございます。「この人と対談して欲しい」などリクエストもお寄せください。

Twitterへの投稿もお待ちしています!

パーソナリティー | 小泉今日子
1982年「私の16才」で歌手デビュー。以後、「なんてったってアイドル」「学園天国」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々のヒットを放つ。女優として映画、舞台などの出演も多数。エッセイなど執筆家としても活躍中。2015年より自らが代表を務める株式会社明後日ではプロデューサーとして舞台制作を手掛ける。映像制作プロダクション新世界合同会社のメンバーでもあり、2020年8月28日公開の外山文治監督「ソワレ」にアソシエイトプロデューサーを務めた。
株式会社明後日 – asatte Inc.

Spotify

Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオ ストリーミングサービス。
7,000万曲以上の音楽や220万番組以上のポッドキャストを無料でも聴くことができる。