ホントのコイズミさん
ホントのコイズミさん
Cover art by KIGI

本を開けば、新しい世界への扉が開く。小泉今日子さんの傍らにはいつでも本がありました。
自ら「本」と「本に関わる人たち」に会いに行き、語らい、紡いでいく……。自分という旅路を歩む者たちの止まり木的存在が、ポッドキャスト番組「ホントのコイズミさん」です。

#26 は2021年9月27日(月)配信開始

#22

樹木希林さんから受け取った、命のバトン 2


今回のゲスト | 内田也哉子さん
1976年東京生まれ。エッセイスト、翻訳家、音楽家として多岐に亘って活動している。近著は『なんで家族を続けるの?』内田也哉子[著]、中野信子[著](文藝春秋)。父はミュージシャンの内田裕也、母は女優の樹木希林。19才で俳優・本木雅弘と結婚。三児の母でもある。

前回のおはなしから続きます。子どもたちが命を落としてしまうことが多い「9月1日」を、どう考えていくか、自分事としてとらえることが大事だと話す也哉子さん。樹木希林さんから受け継いだ活動を、また次の世代が受け継いでいくことはすてきです。

コイズミさんは、おちゃめだったお父さんとの思い出を語ります。親と子の関係性や、学校をどうとらえるか、ヒントが得られます。学ぶことは一生できること。考え方ひとつでラクになることもあるかもしれません。

内田也哉子さんが子どもたちに願うことは何でしょうか。生きることを楽しんで欲しい。そのためにどうすればよいのか、何が大切なのか語ります。9月1日を前に、ぜひ聞いてみてください。今、つらい思いをしている子どもたちにメッセージを届けます。


MAISON ROSE(THE ROSE)
東京都渋谷区鉢山町13-16
http://maisonrose.jp/shop/restaurant

『ホントのコイズミさん』ではリスナーの皆さまからの、お便りを受け付けております。ご感想やすてきな本屋さんの情報、コイズミさんと対談して欲しい方、なんでもOKです。スタッフ一同が目を通しています。お気軽にメッセージを送ってください。

Twitterへの投稿もお待ちしています!

パーソナリティー | 小泉今日子
1982年「私の16才」で歌手デビュー。以後、「なんてったってアイドル」「学園天国」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々のヒットを放つ。女優として映画、舞台などの出演も多数。エッセイなど執筆家としても活躍中。2015年より自らが代表を務める株式会社明後日ではプロデューサーとして舞台制作を手掛ける。映像制作プロダクション新世界合同会社のメンバーでもあり、2020年8月28日公開の外山文治監督「ソワレ」にアソシエイトプロデューサーを務めた。
株式会社明後日 – asatte Inc.

Spotify

Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオ ストリーミングサービス。
7,000万曲以上の音楽や220万番組以上のポッドキャストを無料でも聴くことができる。