ホントのコイズミさん
ホントのコイズミさん
Cover art by KIGI

本を開けば、新しい世界への扉が開く。小泉今日子さんの傍らにはいつでも本がありました。
自ら「本」と「本に関わる人たち」に会いに行き、語らい、紡いでいく……。自分という旅路を歩む者たちの止まり木的存在が、ポッドキャスト番組「ホントのコイズミさん」です。

#26 は2021年9月27日(月)配信開始

#18

江國香織が愛する本がある世界、そして、言葉を綴るということ。


今回のゲスト | 江國香織さん
20才のころに『ユリイカ』に初投稿。1987年『草之丞の話』で「小さな童話」大賞を受賞し、89年には『409ラドクリフ』でフェミナ賞、92年『きらきらひかる』で紫式部文学賞、04年『号泣する準備はできていた』で直木賞、12年『犬とハモニカ』で川端康成文学賞、15年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で谷崎潤一郎賞を受賞など、数々の賞を受賞している。

前回に引き続き、コイズミさんは保護猫店員さんと共に「キャッツミャウブックス」で、ゲストをお迎えします。ドアを開けて入ってきてくれたのは、長い髪のすてきな女性・江國香織さん。姿だけではなく、声もとってもきれいな江國さんと、まずは猫の話からスタートです。

『旅ドロップ』など旅のエッセイを出されている江國さん。ご本人も旅好きとのことで、旅にまつわるエピソードも飛び出します。皆さんは今、どこにでも行けるならどこへ行きますか? コイズミさんがかつてルート66を旅したときの話も注目です。

江國香織さんにとって、「本」は子どもの頃からどんな存在だったのでしょうか。ポッドキャストでは江國さんの作品のバックグラウンドの一端を知ることができますよ。「言葉にすること、してしまうこと」についての話は、とても興味深い内容です。ぜひSpotifyのポッドキャストへ!

<今回の対談の席にあった作品と、おはなしに出てくる作品>

『活発な暗闇』(いそっぷ社)、『いくつもの週末』(集英社)ともに江國香織著
『あたしの一生 猫のダルシーの物語』(小学館)ディーレディー著、江國香織訳
『モンテロッソのピンクの壁』(集英社)江國香織著、荒井良二絵


撮影協力:
キャッツミャウブックス
住所 東京都世田谷区若林1-6-15
営業時間 平日14-19時/土日祝13-18時
定休日 火曜日
電話 03-6326-3633
Twitter : @CatsMeowBooks

番組のご意見・ご感想をフォームからご投稿いただけます。スタッフ一同がしっかり目にしています。メッセージを既に頂いている方へ、励みになっております! ありがとうございます。「この人と対談して欲しい」などリクエストもお寄せください。

Twitterへの投稿もお待ちしています!

パーソナリティー | 小泉今日子
1982年「私の16才」で歌手デビュー。以後、「なんてったってアイドル」「学園天国」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々のヒットを放つ。女優として映画、舞台などの出演も多数。エッセイなど執筆家としても活躍中。2015年より自らが代表を務める株式会社明後日ではプロデューサーとして舞台制作を手掛ける。映像制作プロダクション新世界合同会社のメンバーでもあり、2020年8月28日公開の外山文治監督「ソワレ」にアソシエイトプロデューサーを務めた。
株式会社明後日 – asatte Inc.

Spotify

Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオ ストリーミングサービス。
7,000万曲以上の音楽や220万番組以上のポッドキャストを無料でも聴くことができる。